自動車に関することのまとめサイト

自動車に関すること、なんでもまとめました。
新車情報だけではなく、
カー用品も
自動車保険のことなんかも。
自動車保険を取り扱っている損害保険会社のことも。

    2020年02月


    ベントレー「コンチネンタルGTマリナーコンバーチブル」登場 ラグジュアリーな最高峰オープンモデル ベントレー「コンチネンタルGTマリナーコンバーチブル」登場 ラグジュアリーな最高峰オープンモデル
    …チブル」を世界初公開すると発表しました。 ベントレーのビスポーク(オーダーメイドに対応)部門であるベントレーマリナーが手掛けた新しいコンチネンタルGT…
    (出典:経済総合(くるまのニュース))


    ジョン・ジャック・ダフ(ベントレー・ディーラー経営、白洲次郎は彼の店で購入した) J.B.ベンジャフィールド(細菌学者) ウルフ・バーナート(実業家の息子、1927年ベントレー社の会長に就任) ジョージ・デュラー サミー・デイヴィス(後年モータージャーナリスト) バーナード・ルービン
    17キロバイト (1,529 語) - 2019年12月1日 (日) 02:01



    (出典 spyder7.com)


    スイスでおこなわれるジュネーブモーターショー2020で。
    インテリアは手作業で作り込まれた。
    配色パターンは8通り設定。
    いいね。

    【ベントレー、「コンチネンタルGTマリナーコンバーチブル」を世界初公開すると発表!】の続きを読む


    ルークス(ROOX)は、日産自動車で販売されている軽トールワゴン(軽スーパーハイトワゴン)である。初代はスズキから、2代目(デイズルークスを含めると3代目)では三菱自動車工業がそれぞれ生産している。 2009年10月8日に第41回東京モーターショーにおける日産自動車の出展概要の発表と同時に発表。同年12月1日より販売を開始した。
    24キロバイト (2,858 語) - 2020年2月25日 (火) 23:19



    (出典 history.nissan.co.jp)


    片足を車体の下にかざすだけで自動開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側ともに採用。
    今までのルークスも後部座席はけっこう余裕があったよ。

    【『デイズ ルークス』をフルモデルチェンジ、車名を『日産ルークス』に】の続きを読む


    超絶美しいワゴンがあった!? 1990年代に流行した懐かしのステーションワゴン5選 超絶美しいワゴンがあった!? 1990年代に流行した懐かしのステーションワゴン5選
    …ミリーカーや趣味車のひとつとして、ステーションワゴンが人気だった時代があり、各メーカーから数多くのステーションワゴンが販売されていました。 そこで、こ…
    (出典:経済総合(くるまのニュース))


    、「郊外」の意)とも呼ばれていた。「ステーションワゴン」は「デポハック」と同意で、それは「ワゴン (wagon)」、つまり人と荷物を載せる車で、かつ、そのワゴンは、列車が駅(ステーション)についたときに、列車から降りてきた人とその荷物を受け取って載せ、近所の最終目的地まで連れて行く役割をしていたことからステーションワゴンと呼ばれた。
    43キロバイト (5,863 語) - 2020年1月7日 (火) 09:03



    (出典 creative311.com)


    スバル「レガシィ ツーリングワゴン」
    ホンダ「アコードワゴン」
    三菱「レグナム」
    どうですか?

    【1990年代に流行したステーションワゴン、いま見てもいいね】の続きを読む


    スズキ ランディ、内外装を一新…安全装備も充実 スズキ ランディ、内外装を一新…安全装備も充実
    …スズキは、3列シート8人乗りミニバン『ランディ』を一部仕様変更し、3月4日より発売する。ランディは、ゆったりくつろげる広い室内空間と運転のしやすさ、多…
    (出典:産業(レスポンス))


    日産・セレナ > スズキランディ ランディ(LANDY)は、スズキが日本で販売しているミニバン。5ナンバーサイズだが、スズキが国内で販売している車種で最も高価な車である。日産自動車からのOEM車種で、ベース車はセレナ。生産はセレナと同様に、初代は日産車体、2代目以降は日産自動車九州で生産されている。
    34キロバイト (4,239 語) - 2020年1月17日 (金) 01:21



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    「BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)」を採用。
    「LI(車線逸脱防止支援システム)」
    「RCTA(後退時車両検知警報)」
    安全装備がかなり充実している。

    【スズキの3列シート8人乗りミニバン「ランディ」が一部仕様を変更し発売】の続きを読む


    018年初飛行、2023年の就航を目指している。 Uberは4人乗りで垂直離着陸が可能な電動航空機によるエアタクシー事業の実験を予定している。 ドイツのスタートアップ企業であるLilium(リリウム)は、2人乗りの電動垂直離着陸機の開発を行っており、2025年にはエアタクシー事業を開始すると発表している。
    7キロバイト (898 語) - 2019年8月6日 (火) 19:09



    (出典 i.gzn.jp)


    eVTOLを用いたモビリティサービスは、都市部の渋滞や環境負荷の低減、過疎地域の輸送手段の確保など、さまざまな交通課題の解決策として期待。
    トヨタの豊田章男社長は「空のモビリティの実用化はトヨタ創業以来の夢」
    楽しみ。

    【空のモビリティ事業、トヨタ、eVTOLの開発・生産で米ベンチャー企業と】の続きを読む

    このページのトップヘ