自動車に関することのまとめサイト

自動車に関すること、なんでもまとめました。
新車情報だけではなく、
カー用品も
自動車保険のことなんかも。
自動車保険を取り扱っている損害保険会社のことも。

    2019年12月


    800 rpmで最高速180 km/hであった。 1999年9月6日 「インサイト」を発表。(11月1日発売) 燃費は当時の量産ガソリン車として世界最高の35km/L(10・15モード)だった。 2000年6月16日 インサイトに搭載のハイブリッドシステム「ホンダIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)システム」が
    45キロバイト (5,302 語) - 2019年12月10日 (火) 08:30



    (出典 cdn-image.as-web.jp)


    1月から11月までの登録車販売台数のランキング
    上位10台のうち9台がハイブリッド仕様
    2018年12月から2019年11月までのインサイトの累計販売台数は8989台

    【ホンダ、インサイトの売れ行きが気にかかる】の続きを読む


    チャイルドシート装着を嫌がる40代男の言い分に妻も呆れて… チャイルドシート装着を嫌がる40代男の言い分に妻も呆れて…
    …りうるケースがある。投資銀行に勤める40代男性は、子供が産まれて「チャイルドシートをつけよう」という妻に、装着を拒否し続けていたという。いったいどうし…
    (出典:経済総合(マネーポストWEB))


    チャイルドシート(和製英語: child seat)とは、シートベルトを正しく着用する事ができない子供を自動車に乗車させる際、安全を確保するため身体を座席に固定する装置。英語では一般に Child car seat、Child safety seat などと呼ばれ、乳児用のものはInfant seat、学童用のものはBooster
    12キロバイト (1,826 語) - 2019年12月21日 (土) 07:19



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)


    乗るときだけ装着。
    降りると同時にチャイルドシートも毎回外す。


    【チャイルドシートも嫌がる車マニアをどう思う?】の続きを読む


    今年、最も衝撃的かつ刺激的だった新車を日本&世界カー・オブ・ザ・イヤー選考委員が勝手に決めた『第1回 輝く!びんびんカー・オブ・ザ・イヤー2019』 今年、最も衝撃的かつ刺激的だった新車を日本&世界カー・オブ・ザ・イヤー選考委員が勝手に決めた『第1回 輝く!びんびんカー・オブ・ザ・イヤー2019』
    …グルマは?小沢 これはもうホンダ「N-WGN」しかありません!――えっと......いきなり軽スか? しかも新型N-WGNって、今年7月発売直後の8月…
    (出典:経済総合(週プレNEWS))


    N-WGN(エヌ ワゴン)は、本田技研工業が生産・販売している軽トールワゴン型の軽自動車である。 N-WGNは2011年11月に発売したN-BOX(N-BOX +含む)を皮切りに展開している「Nシリーズ」の第4弾で、軽自動車の「新しいベーシック」を目指し、基本性能を高次元で備えた軽自動車規格のミニ
    37キロバイト (4,693 語) - 2019年12月17日 (火) 07:29



    (出典 creative311.com)


    今年7月発売直後の8月は月7000台と絶好調。
    9月以降は電動パーキングブレーキの供給不足で販売休止。
    12月からはその部分はリコール。


    【ホンダ「N-WGN」はいい車】の続きを読む


    RAV4を評価したい理由はコスパと独創性にあり!?(2019年の気になる3台:島下泰久編) RAV4を評価したい理由はコスパと独創性にあり!?(2019年の気になる3台:島下泰久編)
    …既存モデル:BMW i32019年は数多くの新しい電気自動車に乗ることができましたが、そんななか、あらためて乗る機会のあったBMW「i3」は、今もって…
    (出典:経済総合(GQ JAPAN))


    i3(アイスリー)は、ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売する電気自動車である。 2013年7月30日に発表、欧州市場では2013年11月より発売開始された。軽量化のため車体の大部分に炭素繊維強化樹脂(CFRP)を採用する。製造はドイツ・ライプツィヒ工場。
    3キロバイト (226 語) - 2019年3月5日 (火) 19:13



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)



    BMW「i3」は、今もってまったく古びていないコンセプト



    【BMW i3、島下泰久も今年印象残った車の一台に】の続きを読む


    テスラ(中国産)の出荷が始まった


    中国産テスラ出荷開始 上海工場から、関税回避 中国産テスラ出荷開始 上海工場から、関税回避
    【上海共同】米電気自動車(EV)メーカーのテスラは30日、中国・上海の自社工場で生産した量販車「モデル3」の出荷を開始した。中国メディアが伝えた。上海は初の米国外での生産拠点で、関税を回避して世界最…
    (出典:経済総合(共同通信))


    コムス デリバリー (トヨタ車体) eCanter(三菱ふそうトラック・バス) eCOM-10(シンクトゥギャザー) テスラ・ロードスター テスラ・モデルS テスラ・モデルX テスラ・モデル3 EV1 シボレー・ボルトEV ACプロパルジオン ウィーゴ・アイリー(英語版Wheego Whip) フォルクスワーゲン・E-up
    96キロバイト (13,741 語) - 2019年12月22日 (日) 05:08



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    関税を回避して世界最大のEV市場である中国で売り上げを伸ばしたい考え。
    モデル3の価格は35万5800元(約555万円)から。


    【テスラ(中国産)の出荷が始まった】の続きを読む

    このページのトップヘ